私は50代、私立高校の講師でした

スリムイケメンのつれづれ日記

 

「お!いてるやん!」とか思える人も若干見えましたが、全く積極性が感じられないのですがいかがなものかな?なので、こちらからは一切メールせずに届いたものについてだけ返信するスタイルにしちゃいました。
投稿文は変化球をかけて、写真をつけなくても目立つことを意識してます。
慌てずに窓口を広げながらじっくりタイミングを待ちます。
昆虫類に例えると、蜘蛛のように自然な風に任せて自分の家を構えてじっくり様子を見るスタイルと言うことでしょうか?焦りじゃなく、スピードですよ!スピード違反したらごめんなさい(笑)ほんまにええ人みつかったら、赤い糸で縛りつけたるんやから!逃がさへんでぇ。
ささやかな嘘があなたからにじむ季節の変わり目にふとこぼれたのですね思い出の中はあたたかいですか私はその人によく似ているのですか短編小説の始まりの様にガラス細工の言葉で明日という文字をあなたの背中にいつも綴っていたのにさだまさしさんの『短編小説』。
最近、心の中でこの歌が…。
「私の10代の頃、20歳前後のときは、そんなふうでしたよ」という女性いるかな。
私は50代、私立高校の講師でした。
授業で、さださんの『前夜(桃花鳥ニッポニアニッポン)』を聴かせました。
生徒の感想文をさださんの事務所に届け、お礼にさださんの非売品のレコードを貰いました。
公私混同?舛添知事よりずっとましです。
さだまさし猿に芸をさせたら…さるまわし。
落として割ったら…さらまわし???何の話してたんだっけな。
若い頃、あなたは『短編小説』のようでしたか。
今でも!だったら、絶滅危惧種のような女性です。
こちらに登録してから、もう少しで活動期限限界です。
あと2週間、頑張ります。